cocoal

比較

レビュー口コミ!デパ帳でフォトブックを作りました。やっぱりきれい7色印刷の高画質!



デパ帳は2018年9月でサービス終了となりました。現在はご注文いただけません。

デパ帳で実際にフォトブックを作ってみた。編集は簡単?大変?

 

こんにちは。
運営者のマキです。

デパ帳でフォトブックを注文したので感想など書かせていただきます。

ナミ
マキさんデパ帳でフォトブック作ったの?どんな感じ?どんな感じ?

 

なみちゃん、こんにちは!

いやー・・疲れました。

これはデパ帳さんのせいではなく私のせいなんですが(汗)

先日、デパ帳を紹介させていただきいた時も、えりちゃんの一押しフォトブックとして紹介させていただきましたが、えりちゃん同様、私もデパ帳好きなんです(笑)

ナミ
なんだー。マキさんもデパ帳好きだったんだー♪

 

 

えりちゃん!そうなの。

デパ帳のフォトブックは写真印刷もきれいだしレイアウトの幅も広いし、いいよね!

実はデパ帳の編集ソフトはデザインのレイアウトが簡単に、しかもいろいろできるのでついつい手を加えてしまいまして・・結果時間がかかるというオチでした。

 

しかも、これも私の勝手な都合なんですが、今回作ったのは3年前の旅行のフォトブックだったんので、薄れた記憶の中、いろいろ思い出しながら、もっと写真なかったっけ?とか始まってしまい、一日仕事になってしまいました(汗)

 

ナミ
3年前の旅行の写真をやっと今整理したってこと??マキさんってもっとしっかりしてるのかと思ってた・・・。

 

 

 

デパ帳は編集ソフトも直感的に使えるようになっていますし、写真編集に関する知識は必要ありません。

簡単に写真の明るさやコントラストの調整もできますよ。

 

表紙のデザインもいろいろ選べるし、カルフルなものからシンプルなものまで幅広い。

スタンプの種類も多いので、アレコレ考えながら作るのがとても楽しい。

 

ナミ
ねーね、マキさんってフォトブック作る時、使う写真を決めてから作るの?

 

 

ううん、今回、私はどの写真を使うとか決めずに作成に入りました。

ですから、当時撮った写真をいったん全部取り込んでしまって、そこからレイアウトと相談しながら使いたい写真だけをドラッグして配置して作っていきましたよ。

そうすると使う予定じゃなかった写真も「あここに入れるといいかな?」とかイメージが膨らんでおすすめです。

ナミ
でも、やっぱりフォトブック作るの大変そうだなあ。

 

 

なみちゃん、気構えずに大丈夫だよ。

フォトブックのデータを作るだけなら無料でできるし、時々触って操作になれるのもいいかもね。

別に1日で作らなきゃいけないって決まっているわけでもないですから、どんな感じかなーって試して、うまくできたら注文!っていうのも楽しいかもしれません♪

 

ナミ
でもさ、編集していて、もっとこうだったらいいのにとか思うことなかった?

 

 

 

そうですねぇ。

そうそう、簡単にセンタリングできる機能がほしかったですね。

写真とかテキストとか、真ん中に入れたいなっていうときにボタン一つでできたら編集も楽なのになと思いました。

 

あ、それともう一つ、デパ帳の編集ソフトから注文画面に行こうとすると、「インターネットエクスプローラー※」のブラウザが立ち上がるんですよね。

こういうときって、「既定のブラウザ」が立ち上がるものじゃないのかしら?仕様かしら?
※internet Explorerは、マイクロソフトが開発したブラウザです。

私は普段インターネットエクスプローラーは使用していないので不便…というか「え?なんで??」と思いました。

スポンサーリンク

 

新規会員登録で、スクエアタイプ40%OFFのキャンペーンをやっていますので(2018/02月現在)、試してみたい方はキャンペーン利用されるのもよいと思います。

以上、デパ帳を使ってみた感想でした。

完成品が手元に届いたらまた書きますね!

スポンサーリンク

 

 

デパ帳が届きました。早速口コミレビュー!

注文商品について

  • サイズ:スクエアM (205×204)
  • 紙質:サテン無光沢紙
  • ページ数:21ページ
  • 金額:2460円(送料込・40%offキャンペーン利用)

 

届きました!デパ帳!

デパ帳 梱包の様子。この段ボール包装に透明なビニールで梱包されてきました。

ジャーン!あけたらこんな感じ。 フォトブックはOPPの袋にくるまれています。 しっかりした包装ですね。

半透明のプラケース付きです。表紙はハードカバーでしっかり!

 

表紙について

表紙はハードカバーを選択。

表紙(ハードカバー)の様子

 

紙質について

紙質はサテン(無光沢紙)を選びました。

デパ帳さんの説明を引用すると「柔らかくサラッとした質感で、絵本のページをめくるような優しい雰囲気のマット(無光沢)紙です。一番薄いためページ数を多く設定いただけます。」とのこと。

確かに薄いけど、めくりやすくて見やすいです。  

 

紙質は無光沢のサテンです。

 

無光沢紙はよく言えばシックな仕上がり。

悪く言えばちょっとさみしい感じ?

 

旅行やイベントなど、楽しい思い出の写真集には無光沢紙より光沢紙の方が気分も華やぐかなーなんて思いました。

特に子どもの写真などは光沢が入っている方が元気がある感じが伝わっていいかもしれません。  

 

商品が届いての感想

実は私、フォトブックの編集を完成して発注を終えた時点でやり終えた感がありまして(笑)

届いたときは感動薄っ(笑)

 

だって自分でレイアウトしたものが届くのですもの。

想像通りのフォトブックが届いて一安心。

 

デパ帳はレイアウトや編集好きの方には特におすすめです。

画像が粗目な場合は編集時に警告が出るのがとても便利でした。  

 

印刷もきれいですし(画像がイマイチで伝わりにくくて申し訳ないです)、商品代1920円だったら安いと思いました。

1,920円は40%offの価格です。

 

時々キャンペーンやっていますからその時がねらい目ですよ~。

ちなみに送料は別途540円かかりました。

ご参考まで。

 

本サイトの表示価格は記事投稿時の金額です。 価格変更や増税により現在と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

-比較

© 2020 ABOUT PHOTOBOOK