cocoal

フォトブック 比較

おしゃれでかわいいフォトブックはマイブックで決まり!



ナミ
えりちゃん!おしゃれなフォトブック作りたいよー!
えり
また突拍子ないな・・・
えり
おしゃれなフォトブックねー。おしゃれなテンプレートが揃ってるってことでいい?
ナミ
うんうん、いい、いい!!
えり
それじゃね、マイブックがいいと思うよ!かわいいテンプレートたくさんあるし、おしゃれなフォトブックができるよ!
ナミ
・・・えりちゃん、いくらおしゃれなフォトブックができるといっても、面倒なのはなみには無理だよ?
えり
わかってるし・・・

えり
大丈夫!マイブックの編集ソフトは使いやすいし、テンプレートに画像を当てはめていくだけで素敵なフォトブックができるから安心してチャレンジしてみて♪

スポンサーリンク

選択肢の多さと人気で選ぶならだんぜんマイブックのフォトブックです。

マイブックとは?

知る人ぞ知るマイブック。

編集ソフトも使いやすく、テンプレートの種類も多い人気のフォトブックです。

その分、サイズなどのバリエーションも豊富なので逆に初心者の方は迷ってしまうかもしれません。

マイブックは5つに種類分けされており、さらにそこからサイズと本文に使われる紙を選択することができます。

選択肢が多いのは嬉しいですが優柔不断な私は迷いますなー。

それぞれの特長ご紹介します。

サイズはページ数、表紙のタイプや本文用紙まで選択幅が多いので、いろいろ見ながら自分の希望のフォトブックが作れちゃいます。

 

 

 

マイブックはどんな種類があるの?

ART-HC ハードカバータイプ

えり
ハードカバーを作りたい人向けのART-HC!

 

表紙 ハードカバー
本文 ニス、ラミネート(光沢・ツヤ消し)
綴じ方 無線綴じ
サイズ 11サイズ(正方形・縦長・横長)
ページ数 10~100P(10ページごと増やせます)
価格 2100円~

マイブック ハードカバー

 

 

ART-SC ソフトカバータイプ

えり
次はソフトカバーを作りたい人向けのART-SC!

 

表紙 ソフトカバー
本文仕上げ ニス、ラミネート(光沢・ツヤ消し)
綴じ方 無線綴じ
サイズ展開 10サイズ(正方形・縦長・横長)
ページ数 10~100P(10ページ単位で増やせます)
価格 1400円~

マイブック ソフトカバー

 

DX ハードカバー&限定3サイズ

えり
サイズとページ数などが限られている代わりにちょっとお手軽DX!
表紙 ハードカバー
表紙仕上げ ラミネート(光沢・ツヤ消し)
本文仕上げ ニス
綴じ方 糸綴じ
サイズ展開 3サイズ正方形 188mm×187mm
縦長 263mm×186mm
横長 140mm×190mm
ページ数 12P・20P・28P
価格 2700円~
特長 厚めの用紙で長期保存向き。
糸綴じなのでフラットな見開き。
綴じ目を気にすることなく写真を選ぶことができます。

 

シンプル 1ページに写真1枚の正方形ハードカバー

えり
1ページに写真1枚だから、編集簡単シンプル!

 

表紙 ハードカバー
本文仕上げ ラミネート(光沢・ツヤ消し)
綴じ方 糸綴じ
サイズ展開 正方形 188mm×187mm
ページ数 20P
価格 2800円~
特長 1ページに写真1枚、ページ数は12Pと決まっていますのでレアウト不要。
写真を選ぶだけでOK!

 

MINI 小さいサイズの正方形ハードカバー

えり
手のひらサイズで小さいサイズはMINI
表紙 ハードカバー
本文仕上げ ニス
綴じ方 糸綴じ
サイズ展開 正方形 6mm×76mm
ページ数 12P
価格 900円
特長 76mm角の手のひらサイズのミニブック。
表紙は12パターンから選びます。



マイブックの料金や納期は?

 支払い方法

  • クレジットカード
  • 代金引換(手数料設定あり)
  • コンビニ払い(手数料あり)

 

送料

  • 500円(税別)

 

納期

  • 6営業日後に出荷

 

編集ソフト

マイブックでフォトブックを作るには、マイブック専用のソフト「MybookEditor」をダウンロードして使います。

Mybook Editorはマイブック公式サイト からダウンロードできます!

 

 

マイブックのテンプレートは写真の位置とか背景とかすべて素敵にレイアウトされているので写真をドラッグで入れ替えて、テキスト入力するだけ!

画像の反転や回転もできますし、型抜きの種類も豊富。

編集ソフトとしては使いやすくて秀逸だと思いますよ。

特に、枠内での拡大縮小が簡単にできるのはすごく使いやすいですね。

フリーレイアウトももちろんありますが、おすすめはテンプレートです!

 

マイブック作成事例

マイブックのテンプレートを使えばこんな素敵なフォトブックが簡単にできちゃう!

素敵~!!

 

 

 

 

 

 

 

運営者からのコメント

さてさてマイブック。

いい商品だなぁと思います。

商品の完成度などには一定の評価があって良い商品ですし、公式サイトも充実しています。

バリエーションが多いので身構えてしまいますが、

  • 表紙はハードカバーとソフトカバーどちらがいいのか
  • 大きさはどのくらいがいいのか
  • 光沢あるのとないのどっちがいいのか

その3つを明確にしておけば、選びやすくなると思います。

 

なにより、素敵なテンプレートがとても多い。

自分でデザインなんて考えなくても、テンプレートを使用すれば、素敵なフォトブックができてしまいます。

 

ちなみにというか、ご参考までなのですが

初めてマイブックを立ち上げた時、画像の読み込みをどこからすればいいのか全くわからず、手が止まってしまい、最初はマイブックで作るのはやめようと思いました・・。

 

この記事書かなくていいなら辞めてましたね(笑)

基本面倒くさがりでマニュアル見ながらまでは作りたくない性格なので…。

 

なぜわからなかったのかな?って考えますと、多くの編集ソフトは、フォトブックを新規作成する場合は、手順のなかで、画像を選ぶように指示が入りますが、マイブックはソフトが立ち上がって「さあどうぞ!」って感じだったので途方にくれてしまったんだと思います。

 

「なにからやればいいのよー」って。

 

わかっちゃえばどうってことないんですけどね!

画像を読み込むには、

 

画像タブ→開く

 

これだけのことですからね!!お気を付けください。

 

大方の人はすぐ気づくのでしょうけど、私のような人がいてはいけませんので、念のために書かせていただきました。

マイブック素敵なので、途中でやめないでよかったですよ~。

 

本サイトの表示価格は記事投稿時の金額です。 価格変更や増税により現在と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

-フォトブック, 比較
-,

© 2020 ABOUT PHOTOBOOK